2007年06月24日

【ランチ】津田沼・必勝軒/特製もりそば(水曜昼・動物系濃厚スープ)

津田沼・必勝軒
(2007年06月13日13:42)過去ネタ。

今日はお仕事で千葉界隈をクルマでぐるぐると。
近い割にはなかなか行く機会がない津田沼でランチをとることにしました。
津田沼は東京のベットタウンであると同時に、大学も多く学生の街でもあります。そのせいか、ラーメンの名店が数多く存在するのです。
その中の1軒、東池袋と永福町の大勝軒で修行したという店主がつくった津田沼「必勝軒」へ。
【ランチ】津田沼・必勝軒/特製もりそば(水曜昼・動物系濃厚スープ)
特製もりそば 750円

津田沼・必勝軒/特製もりそば
大勝軒同様に「自家製麺」。お店の奥には製麺機が見えました

■感想
1.店の雰囲気・接客 ★★★★☆
千葉工業大学の横ってことで、学生客の集まるお店。
明るい店主が学生達と実に楽しそうに語らっていてイイ感じ。

なんかね、思い込みかもしれないけど、ラーメン屋っていうと「怖い顔した店主」が怒鳴り散らしたりガサツな掛け声出したりして、なーんか「嫌な感じぃ〜」・・・な偏見があって(笑)。
だからこういうの、好印象なんです。

2.盛り付け ★★☆☆☆
具にこだわりがあまり感じられないのがちょっと・・・

3.味 ★★★☆☆
日替わりでスープのチューニングを変えるのがココの特長。
月火:バランススープ/水(昼):動物系濃厚スープ/木金:魚介系強調スープ/土・祝祭日:オールマイティスープ(ファミリー向け)
・・・と、特長を持たせているんですな。で、今日はガッツリ濃厚系。そりゃ学生も大挙しますな。

ほうっておくと脂が張るスープは大勝軒っぽいぞ。 オジサンにはちょっと濃いかも(汗)・・・

ぷりっぷりの麺は大勝軒風で美味。

4.量 ★★★★★
並で2玉分、らしい。
メニューにも『初めてのお客様には普通盛りのみです』と書いてあります。

5.価格とのバランス ★★★★☆
具が物足りないのが減点か。ま、純粋に麺を愉しむお店なのでしょう。

ごちそうさまでした。
★★★★☆(3.6点)

◎必勝軒
■住所:千葉県習志野市津田沼2-5-9
■電話:047-474-8283
■営業時間:
 11:30〜14:00,18:30〜21:00
 11:30〜14:00(水)
 10:00頃〜150玉(土)
 10:00頃〜150玉,18:30〜21:00(祝)
■定休日:日曜日

津田沼・必勝軒/メニュー
メニュー

津田沼・必勝軒の日替わりスープ
日替わりスープのお品書き


posted by とく@千葉県民 at 08:16| Comment(0) | 習志野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。