2011年01月05日

2011年の初詣は今年も稲毛浅間神社で 〜今も残る旧海岸線の名残り〜

稲毛浅間神社
稲毛浅間神社 posted by (C)とく@Twingoな日々

今年も地元の稲毛浅間神社へ初詣に行ってきました。
本山は富士山を祭る浅間神社("あさま"ではなく"せんげんじんじゃ"です、念のため)。うちからも良く見えるあの霊峰「富士山」と、地元の神様がつながっている不思議。

稲毛浅間神社
稲毛浅間神社 posted by (C)とく@Twingoな日々
1月1日の午後の様子。「おせち食べてのんびりして、さ、初詣でも」なんて地元の方々が一斉に集ったもんだから、そりゃもう、モノ凄い人出。

ちょっと中国の遊園地のアレを思い出す張りぼてキティちゃん・・・
ちょっと中国の遊園地のアレを思い出す張りぼてキティちゃん・・・ posted by (C)とく@Twingoな日々

稲毛浅間神社
稲毛浅間神社 posted by (C)とく@Twingoな日々

最近は日本中そこかしこで見かけるキティちゃんタイアップものだけど、ここのは割とその先駆け時期からだったと記憶している。

稲毛浅間神社とキティちゃん
稲毛浅間神社とキティちゃん posted by (C)とく@Twingoな日々


国道14・357号線沿いは大混雑
国道14・357号線沿いは大混雑 posted by (C)とく@Twingoな日々
ここは昭和30年代頃までかつての海岸線だったあたり。画面向かって左が台地。右は埋め立て地が広がる。
防風の役目を果たしていた浅間神社の松林も、ここがかつて海だったことを物語る生き証人。

おまけ:旧海岸線に今も残る元・海の家!
おまけ:旧海岸線に今も残る元・海の家! posted by (C)とく@Twingoな日々

おまけ。
稲毛浅間神社からJR京葉線稲毛海岸駅に向かう道沿いにある一軒の古びた店舗。
最近は使われていないようだけど、かつては食堂だった。

そしてもっと凄いことに、かつてココが海岸線だった時の「海の家」の名残りだというから凄い。
ちなみにココは上の国道から数百メートル海側に向かったあたりで、この辺りが海岸線だったのは昭和30年代〜40年代頃。段階的に埋め立てられていたのだ。その頃に建てられたものと思われる。
いつ解体されてもおかしくない状況だけに、今のうちに観ておくことをお勧めする。
posted by とく@千葉県民 at 00:58| 千葉 ☀| Comment(0) | イベント・お祭りなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。